バイクでアンチエイジング

バイクには若さを保つ要素が満載です。ギアの切り替えや、運転時のほどよい緊張感は脳に刺激を与え活性化を促します。自然の中に身を置くことで気分的にはリラックスできて、ストレスの解消にはうってつけ。ツーリング後の心地よい疲れは安眠を約束してくれるでしょう。

バイクで老化を防ごう

人間は年齢とともに落ち着きが加わります。しかし、あまり落ち着いてしまうより、ほどよい刺激を与えたほうが脳にはいいようです。
バイクはどうしても若者中心の乗り物と言われます。それにはいろいろな理由がありますが、ひとついえることは、操作が面倒くさいということ。若いころ大型バイクに乗っていた人であっても、年齢とともに、いちいちギアチェンジをしないといけないのを面倒だと感じてしまうようです。ところが、ギアチェンジを行う一連の動作が脳にいい刺激を与えてくれることがあります。


右脳活性化に効果?

バイクは全身を使って乗りますが、最もよく使うのが左手と左足。厳密には左足首から指先にかけてです。これはバイクの構造上、ギアチェンジを左側で行うようにできているからです。つまり右脳にも少なからず好影響を与えていると言えます。
だったらギア付きの車でもいいんじゃないか?とも言えますが、ギア変速の車は現在ほとんど存在しません。また、座りっぱなしの車では、その刺激度、健康への充足度はと全身を使うバイクに遠く及ばないでしょう。

ライダーが若く見える理由

街ですれ違う中年のライダーは若々しく見えます。彼らは、若い日を懐かしがっているのか、まだまだ若いやつに負けてられるか、と思っているのか。どちらにせよバイクに乗ることによって気持ちの高ぶりがあるようです。
それが意欲の向上につながり、ホルモンのバランスにも好影響をもたらしていると言えるでしょう。いくつになっても、若々しい姿を保つために、バイクを趣味にするのは効果的です。

バイクに乗るのは思ったより大変かもしれません。しかし、見返りは必ずあります。若さと健康維持、ストレスからの解放に役立つのではないでしょうか。週に一度か二度でいいです。バイクにまたがって街へ出かけてみましょう。きっと、若々しい自分を維持することが出来るはずです。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.