Category : バイクに乗ろう

バイクの車検とは?

バイクは車検がかからないという認識が強いと思いますが、排気量251cc以上のバイクは車検の対象となります。必ず受けなければいけないもので、切れてしまったバイクで公道を走ってしまうと違反になりますので注意してください。ここでは、バイクの車検について説明していきます。

整備車検は相場5~7万円程

車検の費用はどのくらいかかるのか見ていきましょう。車検には二通りの方法があります。まずは、整備車検です。車検チェーン店や、国土交通省の指定を受けている整備工場で車検をしてもらいます。車検を無事通る状態のバイクに整備してもらうことができるので、バイクに慣れていない初心者の方は整備車検が良いでしょう。車検に通るような点検だけではなく、良い状態にしてくれます。

気になる整備費用はだいたい2~3万円ほど。ただ、他諸費用に約2万円。消耗品などの交換もあると、プラスで1~2万円。合計で5~7万円ほどかかります。

ユーザー車検はバイクを理解できる

次の方法として、自分自身で車検をするユーザー車検があります。自分で整備し、車検が通れば大丈夫です。これは知識があり、自分でのメンテナンスが必要になります。初心者の方には難しいことですが、自分のバイクがどういう状態にあるか知ることができますね。いつも乗っているバイクのことをよりよく知ることでもっと愛着がわくことでしょう。

費用も整備車検より半分ほど安く済ませることができ、諸費用の2万円程で収めることができます。自分でバイクをメンテナンスができるのであれば、ユーザー車検がおすすめです。

車検の時期と場所と必要なもの

車検は、すべての人が同じ時期には行いません。初めての車検を受けてから3年後、それ以降は2年ごとに受けることになります。そして車検が切れる1ヶ月前から受付を開始していますので、忘れないように早めに受けてしまいましょう。もちろん、早めに受けたからといって車検満了日は変わらないので安心してください。

整備車検でしたら、指定を受けているバイクショップ、自動車整備工場、ユーザー車検でしたら、管轄区域の陸運支局が車検場所になります。

車検を受けるときに必要なものは、整備車検の場合は、自動車検査証、自賠責保険証書、納税証明書、認印となります。ユーザー車検の場合は、整備車検と同様の書類と二輪車点検整備記録簿が必要になります。この記録簿は、バイク購入時についています。なければ、インターネットで原本を印刷もできます。

車検は、バイクの状況を確認し、安全かどうかを判断する大切な検査です。これを怠ると道路交通法違反で厳しく罰せられます。もし、バイクに不備があり事故を起こしてしまったら、自分の命、他の人をも巻き込む可能性がありますので、しっかりと車検を受けるようにしましょう。車検の時だけではなく、日頃のメンテナンスも忘れないようにしてくださいね。

Recommend