Category : 世界でバイクの免許を取ろう!

カリフォルニア州でバイクの免許を取ろう!

アメリカでバイクの免許を取ってはいかがでしょうか?バイク仲間と一緒に試験内容などで盛り上がれば楽しいものです。 しかし、どうすればアメリカで免許を取ることができるのでしょうか?ここで詳しく紹介していきます。

カリフォルニア州が狙い目!

アメリカの運転免許証は、州によって法律が異なります。法律が異なれば取得方法も異なり、取得が難しい州もあれば、「えっ!それでOKなの…?」と驚くほど簡単な州もあります。

当然、日本人としては取得が簡単な州に狙いを定めるべきでしょう。そこで、アメリカ人の間でも「取得が簡単」と有名なカリフォルニア州にロックオンです!

日本の免許を持っていなくてもOK

日本のバイクの免許を持っていなくても構いません。そのまま試験場に向かいましょう。申請をして受験料を払い(10ドル以下)、学科試験を受けることになります。

しかし、ここが最大の難関でしょう。いくら取得が簡単といっても、学科試験は英語で受ける必要があります。英語が堪能な方なら問題ないでしょうが、苦手な方は事前に勉強することをオススメします。ではどうやって勉強するのか?ヤフーアメリカやグーグルで、「motorcycle California test」で検索してください。バイクの試験場が運営しているサイトなどで、練習問題がたくさん紹介されています。
参考までに問題を1つ紹介します。

■バイクの運転に最も適した車線はどこ?

  1. センターラインの横、左側のレーン
  2. 歩道の横、右側のレーン
  3. 道路の状況と渋滞によって異なる

<正解>3

いかがでしょうか?日本のように複雑な試験ではなく、いわゆる「原付レベルの学科試験」だと考えてください。事前にしっかり勉強しておけば、短期間の勉強でも合格できる可能性は十分にあります。

続いて視力検査です。視力が悪い方はメガネやコンタクトレンズを用意していきましょう。

これで仮免許が発行されます。そしてカリフォルニアでは、仮免許があればレンタルバイクを貸してくれます。なにしろ、日本のような実技試験を受ける試験場はありません。バイクも自前で用意しなければいけないと考えてください。

そして翌日、実地試験を受けることになるのですが、「こ、これでOKなのか…」と驚くほどシンプルな試験です。道路に等間隔で置かれたコーンの間をゆっくり進んでいくだけです。ハッキリ言って、初日の学科試験後にバイクを借りて、その日のうちにある程度の練習をしておけば、実地試験に落ちるということは考えられないと思います。

こうして免許証が発行されるのですが、取得しても放置しておけば失効してしまいます。たとえ取得が簡単でも免許の更新はしなくてはいけません。しかしわざわざアメリカに行く必要はなく、日本国内から郵送で更新をしておきましょう。これで、カリフォルニアではバイクを自由に乗り回せることになります。

いかがでしょうか?上記の通り、アメリカは州によって免許の取得方法が異なります。したがって「まずは簡単な州で取得して、次に別の州で…」という感じにしていくのも面白いと思います。

Recommend