乗り換えのタイミングは?

多くのライダーが悩むこととなる、現在のバイクを手放して新しいバイクを手にする"乗り換えのタイミング"。悩んだ末の決断だけではなく、突発的に乗り換えたくなることもあるかと思います。いずれにせよ、後悔と損の無い乗り換えがライダーの望みでしょう。

車検が切れるタイミングに合わせて

車検をお店にお願いすると、車両やお店によりますが、5万円~10万円は必要となる大出費となります。この車検のタイミング、つまり車検が切れる直前に乗り換えれば、車検費用がかからないのでお得な乗り換えとなります。新車購入でバイクに乗っていたのならば、3年目が終わる直前が乗り換えのタイミングです。1度車検を通している場合は、次の車検が迫った2年目の終わりがタイミングとなります。

400ccクラスから大型自動二輪車免許を取得して大型クラスに乗り換える場合を考えると、2回目の車検を迎える前に乗り換えるライダーが目立ちます。1回目の車検を通した後に乗り換えへの誘惑が高まり、免許をステップアップします。大型に乗れるようになれば乗り換えの誘惑はさらに高まります。車両選びと乗り換え費用を貯めているうちに現在のバイクの2回目の車検が近づき、車検を通すのに10万円近くもかかるのであれば、乗り換え費用にまわしたほうが圧倒的にお得、というわけです。

ステップアップのタイミングは、車検が切れる前のタイミングに合わせた方が良いとも言えるでしょう。車検を通した後にすぐ大型自動二輪車免許に挑戦、というのは、もっとも損をしてしまうタイミングです。免許を取得した後も次の車検までの1年以上を我慢できるのであれば話は別ですが、ほとんどのライダーが我慢できないことでしょう。またバイク店によっては免許取得と同時に大型バイクを契約すると数万円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンも展開していますので、それと併用することでさらにお得な乗り換えが可能です。

経済状況に合わせて

乗り換えの全てがステップアップとは限りません。時には大型から軽二輪にスケールダウンする乗り換えもあります。こういった場合は自身の経済状況に応じての乗り換えが多いことでしょう。引越や結婚によりまとまった出費が必要となると、趣味としての役割が大きい大型バイクは特に手放されやすい存在となります。クルマと比べて実用性は低く、年間維持費も決して安くはありませんので、軽二輪や原付二種等に乗り換えることで負担を低減します。

お金が必要なので完全に手放すよりは、乗り換えをお勧めします。手元にバイクが無くなってしまう生活が寂しくなるというのもありますが、基本的に買取より乗り換えの下取の方が値段がつくためです。大型バイクは特に差額が出やすく、10万円以上の差も珍しくありません。バイク屋さんとしても乗り換えてもらえれば新しいバイクを買ってもらえる上に、工賃等で利益が望めます。なので買取よりも下取の方がサービス査定を行う傾向にあるのです。

乗り換えは現在のバイクとの悲しい別れであると同時に、大きな出費を必要とする経済的負担が発生することをお忘れなく。現在のバイクの車検が切れる直前や免許のステップアップ、お店のキャンペーン、買取ではなく下取を利用するなど、お得なタイミングを見極めねて、後悔と損のない乗り換えをしましょう。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.