Category : バイクの装備とメンテナンス

季節別バイクに乗るときの服装

バイクに乗るときは、どのような服を着れば良いか悩んでしまいますよね。夏は肌の露出をしていいのかなどの疑問や、仲間とツーリングに行くことになり待ち合わせをしたけど、なぜか一人だけ浮いてる…ということも。 そんなことにならないために、季節に合わせた服装を紹介していきます。

快適な季節は春と秋

バイクに乗っていて快適に感じられる季節は、春と秋です。丁度良い気温で、バイクに乗るのは気持ちの良いものでしょう。そんな春と秋でしたら、服装で悩むことはありません。教習所で習った通りの服装をすれば良いのです。安全性を1番に考えた服装をするように心がけてくださいね。

長袖・長ズボンはもちろん、バイクの運転に支障をきたすことのない靴、邪魔にならないバックが最適ですね。靴は形やヒモが危険性のないものを、バックはトートバックなどタイプではなく、リュックやウエストバックなどがおすすめです。

過酷な夏でも半袖・半ズボンはNG

夏は、夏休みやお盆休みの長期休暇を使い、ちょっとしたお出かけやツーリングに行く方が多くいます。しかし、バイク乗りにとって夏は想像以上に暑く過酷です。そんな夏の服装は特に困りますよね。

暑い夏ですから、半袖や半ズボンで肌を露出しているのを見かけます。しかし、これは良くありません。バイクに乗るときは長袖・長ズボンが基本です。転倒したり、事故にあった時は本当に危険です。半袖・半ズボンで全力疾走してアスファルトにスライディングする…できますか?自分の安全を守るためにもしっかりとした服装が大切です。

そんな夏の服装ですが、吸収性の良い肌着を着ましょう。汗を吸いにくい素材で不快な思いをするのを防ぎます。そして、ジャケット、パンツ、グローブなどいろいろありますが、夏はメッシュ素材のものが良いですね。通気性が良く、走る風で快適に過ごすことができるでしょう。 夏は、過酷と思うかもしれませんがツーリングには最高の季節です。夏にあった服装でバイクライフを楽しんでください。

冬は防寒と安全性を重視して

冬のバイクは何より寒いです。しかし、冬でしか味わえない魅力もあるので乗ることもあるでしょう。そんな冬の服装を選ぶ基準は防寒と安全性です。 冬には、ダウンジャケット、レザージャケット、Pコート、マウンテンパーカーなどいろいろな種類のアウターがあります。どれぞれメリット、デメリットがあるので見ていきましょう。

ダウンジャケットは保温力が優れ、防寒対策としては最高といえるでしょう。しかし、ナイロンでできているので転倒した場合、破れてしまいます。安全性からみればあまりおすすめできません。ですから、アウターの中に着るインナーダウンが良いでしょう。

レザージャケットは、バイクのためのアウターですね。転倒しても破れることはありませんし、頑丈な作りで長く着ることもできます。ただ、防寒はしてくれません。真冬にレザージャケットを着るのは無謀な挑戦になるでしょう。中にインナーダウンを着るなどの対策を。

Pコートは、ちょっとしたお出かけには良いでしょう。街乗りでしたらこのままでもお洒落にお買い物ができますね。弱点は防寒性はなという点です。中に着こむなど対策が必要です。

最後にマウンテンパーカー。雨に強く、保温性も高いのでおすすめできるアウターです。機能性で見ると1番バイクとの相性が良いでしょう。ライダースに比べ、安全性は低いためインナーにレザーのものを着ることをおすすめします。

バイクに乗るときは、オールシーズン長袖・長ズボンです。その中で、季節に合わせ、よりよい服装を選んでいきましょう。

Recommend