Category : 旅と季節を楽しむツーリング

余裕と安全が素晴らしいツーリングに

ツーリングの魅力は様々な出会いです。知らない土地ならなおさら、知っている場所であっても、今まで通っていなかった道を走るだけで違う世界が広がります。大型の排気量で走り抜けるよりも、ゆっくり立ち止まる余裕がツーリングを楽しくします。

出会いの旅へ

爽やかな風を感じたら旅に出かけてみましょう。地図を広げて、見知らぬ土地の想像をするだけで楽しいものです。風を切って走りだせば、すれ違うライダーたちが笑顔で挨拶を交してくれます。目的地に着けば、雄大な自然や心躍る感動が迎えてくれます。

ツーリングの目的

無理な計画はバイクの楽しみを台無しにします。時間を気にするあまり、ただ走っているだけのツーリングになってしまうからです。もちろん、走ること自体にもモータースポーツとしての醍醐味はあるのですが、旅に出たら、周りの風景を眺める余裕が欲しいものです。

思い切って日本一周

バイクを持てばツーリング、そして誰もが一度は考えてみるのが日本一周ではないでしょうか。考えるだけでとても心弾むものですが、問題は資金と時間的な余裕。また、排気量はどれくらいがベストなのでしょう。ごく一般的なサラリーマンだとすると、時間的な余裕はないですし、時間的に余裕のある学生では資金的に苦しいかもしれません。いくつか必要なポイントを考えてみましょう。

長期的な計画を立てましょう

時間的に余裕がなければ、一度にすべて周ろうと思わないで、日本列島を分割して、今年は西日本、翌年は九州、さらに次の年は東北。そうやって何年かにわたって日本を一周するのもひとつの方法です。

資金が苦しければ貧乏に徹してしまいましょう

お金がなくても、全国に道の駅や日帰り温泉などの施設は整っていますから、身体の清潔さは保てますし、シュラフがあればどこでだって寝ることはできます。簡易テントを持っていればいうことはないでしょう。

節約したつもりでも出費につながる有料道路

高速道路を使えば速くて快適ですが、その分、景色を楽しむことはできず、お金もかかります。大型の排気量であれば燃費だってバカにはできません。出会いや風景を楽しむ、また、なるべく出費を抑えるのなら高速道路は避けたほうが賢明といえるでしょう。

余裕と安全、これがツーリングを楽しむ条件といえるでしょう。無理な計画は心のゆとりを失い、ただ走っているだけの味気ない旅に終わります。時間的余裕のなさは無謀運転につながったり、それが事故に至ってしまったりすることも。楽しいはずのツーリングを悲しいものにしないためにも、ゆとりを持って準備し、旅を楽しみましょう。

Recommend