Category : バイクのいろいろ

バイク本体以外に掛かる費用

乗りたいバイクを決め、購入するお店も見つかり、あとは購入する費用を用意するだけ。実は、バイク本体車両価格以外にも費用が掛かるのは知っていましたか? バイクを購入するには、バイク本体、その他諸費用が必要になります。それはどういったものか説明していきます。

払う義務がある法定費用

バイクが公道を走るには、法定費用を払うことが義務づけられています。法定費用には、バイクを購入したときに支払うもの、定期的に収めるものがあります。これは、バイクの排気量によって値段が変わってきます。

まずは、自動車重量税。バイクは排気量で区分されていて、それぞれ価格が違います。126~250ccの軽二輪自動車は、6300円で購入したとき1回のみ払うことになっています。251cc以上のバイクは、5000円で車検ごとに収める必要があります。

次に自動車損害賠償責任保険です。自賠責保険ともいわれ、加入期間が長くなるほど料金が安くなります。万が一人身事故を起こしてしまったときに保険金が支払われるシステムになっていて、原動機付自動車も払う義務があります。1年単位から契約されることになります。

そして、軽自動車税。1年に1回支払うもので、バイクを所有している税金となります。毎年4月ごろに1年分の請求書が届きます。

節約もできる?販売店の手数料

バイクを購入したときに払う諸費用として、販売店の手数料があります。これは販売店に頼まず、自分で行うことによって不要な場合もあり、払う必要がないものもでてきます。

まずは、登録・名義変更手数料です。役所や陸運局に、バイクを所有するという届けでを出すときにかかる手数料です。この手数料は、自分で行うことも可能で、節約することもできます。

次に、納車費用。これは、自宅までバイクを運んでもらったときにかかる費用です。自宅に届けてもらうことで発生する費用なので、店頭まで自分で取りに行けば不要なものです。

最後に納車整備手数料です。購入したバイク店で、整備をしてくれその費用となります。お店によっても整備項目は違い、費用も変わります。どのくらいかかるのか見積もりをだしてもらいましょう。

任意保険は必要なのか?

任意保険とは、自賠責保険が相手の怪我の補償に対し、ライダーの怪我、対物賠償などの補償をする保険です。これは、乗る人の任意で入ることになっており、義務ではありません。相手の車やガードレールにぶつかってしまったときや、自分のバイクが壊れてしまった際も補償されます。

車より事故の可能性が高いバイクですので、任意とはいえ入っておくことをおすすめします。事故を起こした後で、入っておけばよかったと後悔することがないようにしましょう。

このように、バイクを購入する際は、本体価格以外にも諸費用がかかります。バイク店では、乗りはじめ価格や支払い総額などの表示がされているので、諸費用を含めて資金を用意しましょう。最後に、税金が入っているか確認するのを忘れないようにしてくださいね。

Recommend