気筒数によるバイクの違い

バイクを知っていく中で、単気筒や4気筒という単語を聞いたことはありませんか?それは気筒の数です。バイクの動力となるシステムの数で、気筒数が違うと特性が変わっていきます。

気筒数とは?

気筒数とは、ピストンとシリンダーの数です。ピストンとシリンダーは、エンジンの部品で熱エネルギーを運動エネルギーに変換する装置です。エンジンは、気筒数が筒の数となり、その筒の数×筒の容積でバイクの排気量となります。この気筒数が違うと、特性が変わるので大切な部品となります。

基本となる単気筒の特徴

単気筒のバイクは、シリンダーが1つのエンジンです。スクーター、カブなどの小型バイク、ゆっくり走るバイクに多く採用されています。単気筒の一番の特徴は、燃費が良いことでしょう。また、単純な構造は基本を知るのに最適です。回転数に限界があるのでスピードが遅く、街乗りに向いていると言えます。バイク初心者の方は、単気筒のバイクがおすすめです。

一つのシリンダーで爆発を起こすため、エンジン音はでかくなります。エンジン音は特徴的で、この音が好きな方がたくさんいます。また振動も強いのですが、その振動も楽しみのひとつとなっているようです。

安定感と高回転の4気筒の特徴

4気筒は、気筒数が4つのエンジンで、400cc以上のバイクに採用されています。最高速度が速いので、ジャイロ効果の影響で安定感があります。4気筒は、低回転が得意な単気筒に対し、高回転が得意としています。速いバイクなら4気筒を選ぶことになるでしょう。

ただ、燃費が悪く、構造も複雑になるのでメンテナンスはしにくく、維持費が高くなってしまいます。ネイキッドタイプやスーパースポーツタイプのバイクに採用されています。エンジン音は、F1を思い出させるような高い音をだします。

バランスをとった2気筒の特徴

2気筒は、単気筒と4気筒の間となります。単気筒の振動の強さをやわらげ、高回転域のパワーも備えもつバランスの良いエンジンです。パワーもあり、複雑な4気筒より低コストで作れるので多くのバイクに採用されてきました。

4気筒もそうですが、配置に種類があり、並列型、V型などがあります。並列型は、構造が簡単でエンジンが大きめという特徴があります。V型は、Vツインと呼ばれることが多く、エンジンが小さく、振動が起こりにくくなっています。2気筒のエンジンはこのV型が採用されていることが多いです。 2気筒は、街乗りも快適で、パワーもあるので、単気筒と4気筒のデメリットが気になる方におすすめしたいエンジンです。

他にも数は少ないですが、3気筒、6気筒などもあります。気筒数で音や回転数、振動など大幅に変化します。どのエンジンもそれぞれメリットとデメリットがあるので、それを理解してからバイクを選ぶと良いでしょう。 言葉だけでは伝わらない部分もあるので、実際に試乗してみて選択するのも大切なことです。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.