潜在的ダイエット効果

バイクにまたがり、街を走ることによって他人の視線を浴び、それが、普段気付かずにいた自分自身の容姿を見つめなおすきっかけになります。普段の何気ない生活では、人はあまり自分を振り返ってみようとしません。ハンドルを握るあなた自身は、誇れる姿をしていますか?

人に見られるという意識

自分の姿を意識するには、他人の視線というのが必要と言えます。恋をすると人は美しくなるといいますが、それは相手に良く思われようとする願望が、自分を魅力的に見せたい、自分を磨こう、という行為につながっていくからでしょう。

また、憧れの人を想像してみるのも良いです。「イージーライダー」のピーター・フォンダ。「バイオハザードⅢ」のミラ・ジォヴォヴィッチ。ライダーってやっぱりカッコいい。 カッコいい自分を作ろうという潜在意識が、ダイエット意欲を高めます。


ライダーと食事

朝、いつもより早く起きて、熱いコーヒーを飲む。体が少しずつ目覚めてきたのを確かめて、服を着替え、キーを差し込んでエンジンをかける。タコメーターをのぞき、エンジンの吹き上がりを確かめる。さて、きょうはどこまで走ろう、そんなことを考えているうちに、頭の中は満足感で満たされていきます。風を切って走っているときにはなおさらです。走っている充足感で心が満足感にあふれてきます。

ツーリング中は解放感で心が満たされています。間食のことなど頭に浮かぶこともないはずです。お腹が空いても軽いもので十分満足してしまえるでしょう。日常の生活を忘れ、バイクを走らせていることで、緊張感をもった心と体が空腹をどこかへ押しやってしまいます。

食事は腹八分といいますが、ツーリングを楽しんでいるときには腹七分ぐらいになっているはずです。無理なダイエットは挫折を味わいますが、バイクにまたがって走り出せば、意識せず自然のダイエットが期待できそうです。

バイクは素敵な乗り物です。爽快感や解放感を味わえるだけでなく、カッコいい自分を作ろうという潜在意識を植え付けてくれます。見た目は誰にとっても大切なことです。バイクに乗って走るだけで、人の注意や視線をひきつけ、恋をするように自分を作り変えていこうとします。それが楽しいダイエットにもつながるといえます。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.