排気量で異なるバイクの魅力

バイクは排気量によって複数に区分され、それぞれが他のクラスにはない独自の魅力を発揮しています。その各自の魅力を理解することで、どのクラスのバイクが最も自分の理想や用途に適しているかを判断でき、失敗の無いバイク選びができるようになります。

原付二種の魅力

二輪免許を必要とする車両のうち最もランクが低いのは、排気量90cc越~125cc以下に区分される原付二種です。車体が安く低燃費で維持費も安い原付の魅力を持ちつつ、原付一種(排気量50cc以下)のように二段階右折や制限速度30km/hの束縛がありません。上位クラスと比べてコストパフォーマンス的には最高ランクの魅力を持っていると言えます。そのため、大型バイクを所持する方のセカンドバイクや通勤用など、日常用車両に最適です。車体が小型・軽量なのでライダーの性別や体格等もほとんど限定されません。唯一の弱点は、高速道路や有料道路など一部通行できない道があることぐらいでしょう。

軽二輪の魅力

排気量250ccクラスのエンジンを搭載する軽二輪は、車検が不要という最大の魅力を備えています。普通二輪や大型二輪と同じく高速道路を走行することができ、それでいて年間維持費は原付二種ほどではありませんが、上位クラスと比べれば遥かに安く抑えることができます。趣味と実用を両立したバランスに優れるクラスといえるでしょう。弱点は上位クラスよりも性能が控えめ、という点です。しかし過度な性能は燃費やライダーの負担へとつながる恐れもあるため、軽二輪の性能は必要にして十分という考え方もできます。

普通二輪の魅力

普通自動二輪免許で乗ることができる限界が、排気量400ccクラスの普通二輪です。大型自動二輪免許を所持しないライダーにとっては最も趣味性が高いバイクとなります。軽二輪と比べると性能に余裕があるため長距離ツーリングの快適性に優れますが、車体サイズや重量が増してしまうため日常の取り回し性は低下します。免許取得したばかりのビギナーには人気ですが、大型二輪に乗れるベテランにはほとんど選択されないクラスです。そのため大型と比べると現行ラインナップ数は控えめです。

大型二輪の魅力

国産スーパースポーツにハーレーダビッドソンやBMWといった大人気海外メーカーモデルなどが君臨する大型二輪は、実用性を捨てて趣味性を追及したクラスといえるでしょう。車体価格から年間維持費まで高額傾向にありますが、自身の経済力や用途に合わせた車両選択も可能です。排気量650cc前後のミドルサイズであれば普通二輪並に費用を抑えることができ、リッター&リッターオーバーサイズとなると費用は高額となりますが、究極のスポーツ性やツーリング性を楽しむことができます。

どのクラスが一番優れており、どのクラスなら購入して後悔がないのかを断定することはできません。どれも他にはない魅力を備えているからです。またライダーの要望によっても、どのクラスのバイクが自分に適しているかは異なります。例えば「通勤とツーリングを両立したい」となれば原付二種か軽二輪の選択が考えられますが、ライダーの経済力や住む環境によっては大型二輪の選択もあるかもしれません。バイクは誰かに選んでもらうのではなく、ご自分がしっかりと考えて選択することで、長い付き合いとなる“相棒”となるのです。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.