Category : バイクのいろいろ

国産バイクの魅力

日本では「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」「カワサキ」が国産バイクを手がける4大メーカーとして活躍しています。大型二輪カテゴリとなると海外メーカー勢が国産をさしおいて注目されることもありますが、国産バイクならではの魅力は決して海外バイクに劣るものではありません。

国産バイクは車体費や維持費がお得

国産バイクは海外バイクを所有する場合と比べて、比較的費用を抑えやすいバイクとなります。例えばアメリカを代表するハーレーダビッドソンのビッグツインモデルの車体価格が200~300万円台であるのに対し、ヤマハやホンダの大型国産クルーザー(逆輸入車を含む)は基本的に100万円台で購入が可能です。価格分の性能の違いがあるかといえば、そのようなことはありません。排気量は同程度、あるいはハーレー以上を備えていますし、走行面や所有欲について不満を思うことはありません。

車体購入後にかかる維持費も安く抑えられます。海外バイクの場合はパーツを国外から輸入するため、代理店を通すことでパーツ費用が増してしまいます。国産は国内ストックが大量にあるため価格は安く、また入手時間も早くなります。メンテナンス工賃についても海外産は国産よりも上乗せされるのが基本です。購入後はあらゆる面で「国産で良かった」と思うことが多々あります。

日本と愛称の良い国産バイク

国産バイクは日本人の体形に合わせた設計が施されているため、日本人であれば基本的に老若男女、誰でも乗りやすい車体に仕上がっています。具体的にはシート高を抑え、またシートの横幅を削り太ももが引っかからないようにして足つき性を向上するなどの工夫が施されています。ハンドル位置も遠すぎると手が届かず運転姿勢が崩れるため、ライダー側にプルバックさせています。身長の低さでどうしても乗れない車両もありますが、160cm以上の方であれば大抵の国産バイクが容易に扱える設計です。

走行面でも国産バイクは日本の道路事情に適しており、直線路よりも交差点やカーブが多目立つ日本に合わせて旋回性に優れています。また信号によるゴー&ストップの連続や渋滞といった場面では足つき性が、長距離走行の場面では親しみやすい居住空間がライダーの疲労軽減に大きく貢献します。

国産バイクのデメリットは?

リーズナブルで高性能な国産バイクのデメリットは基本的にはありません。しかし優れたメリットのため、たくさんの人が当たり前のように乗っている様子が、デメリットと言えるかもしれません。所有欲はバイクの希少性が高いほど強くなります。自分と同じバイクを街中で当たり前のように見かけるということは、所有欲の低下につながりかねないのです。ただし、多くのライダーが乗っているということは情報交換や知り合いとなる魅力的なきっかけを生み出します。やはりデメリットと言うべきではないかもしれません。

車体維持面で考えると、国産バイクはパーツ供給終了の恐れがデメリットになる可能性があります。生産終了後10年までが、メーカーのパーツ供給期間とされています。そのため、過去に生産終了となり10年以上経ってしまった国産バイクに乗るライダーの中には、修理の部品が無いと頭を抱えてしまっている人もいるのです。

強いてあげるデメリットを除けば、国産バイクはリーズナブルでありながら高品質という優れた魅力を備えています。そして同じ国産バイクの中でも「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」「カワサキ」の4大メーカーはそれぞれが独自の魅力を備えてファンを獲得しています。国産バイクに選択の的を絞ったとしても、ライダーは大いに悩み、またそれは楽しみとなるでしょう。

Recommend