Category : バイクの装備とメンテナンス

装備あれば憂いなし

装備はとても重要です。 バイクに怪我はつきもの。それを大きくするか、小さなものに抑えるか。分かれ目となるのが装備です。ヘルメットひとつにしても、上をみればキリがありませんが、だからといって安いものですませてしまって、頭蓋骨の損傷という重大な結果を招いてもいけません。

装備はどこまで重要か

バイクに乗るのであれば装備を怠るべきではありません。大型や小型、車種を問わず、装備は必要です。どんなに気を付けていても、事故は向こうからやって来る場合があります。

グローブは必要でしょうか。その答えは人によって様々です。季節によっても考え方は分かれるでしょう。バイクは絶対に転倒するものだと考えている人は、手の指を骨折から守るプロテクター付きのものがいいというでしょう。その反対に、ホームセンターの手袋で済ませておけばいいと考える人もいます。

ヘルメットはどうでしょうか。これはもちろん必需品、というより、着用が義務づけられていますから、これがないとバイクに乗ることすらできません。でも安価なものであれば、転倒、もしくは事故で激しく路面に頭をぶつけた場合、頭を完全にガードしてくれないかもしれません。

ライダーブーツは必要か

バイクにまたがって走るだけのことに、ブーツは必要でしょうか。これも意見が分かれるでしょう。長距離のツーリングであれば、ブーツを履いていればとても楽です。ギアの切り替えは左手でクラッチを切り、左足でギアの入れ替えを行うために、左足(主に親指の付け根のあたり)を使うことになります。

そのため、長距離での走行では左足親指のあたりに負荷が結構かかることになります。ライダーブーツはそのことを考慮して作られているので、長距離でのブーツは外せません。

雨が降ることも

最近の天気予報は高い確率で当たりますが、山の近くまで足を延ばそうとしたとき、雨になることを考慮しないわけにはいきません。しかし、仲間とツーリングに出かけて、レインスーツを持っていない人は結構多いです。予報で晴れだとしても、山の天気は変わりやすいですから、全員レインスーツを着用しているのに、一人だけずぶ濡れ…もっとも、それも楽しい思い出かもしれませんが。

上をみればキリがありませんし、安物ですまそうとすれば、それはそれで経済的負担が軽くてすみます。要は自分自身の経済的余裕と交通文化に対する認識の度合いでしょう。グローブはなくてもすみますし、ライダーブーツだって、なければスニーカーで間に合う話です。ですが、こういった装備があるのとないのとでは、バイクの楽しみ方に格段の差が出ます。経済的に少しでも余裕があれば、装備にも若干のお金をかけることをお勧めします。

Recommend