まずは免許を取得しよう

運転免許が無ければ公道を走れないのは、クルマもバイクも同じです。バイクであれば二輪車ならではの運転技術と交通ルールを理解する必要があり、それが証明できる二輪車免許を必要とします。しかし二輪車免許といっても細分化されており、乗りたいバイクによって必要な免許は異なります。

普通自動二輪車免許

多くのライダーがまず最初に取得し、最も定番なのが普通自動二輪車免許です。16歳から取得でき、排気量400cc以下のバイクを扱うことが可能です。教習ではマニュアル車とオートマ車(スクーター)の両方の教習を行うため、どちらも乗ることが可能です。また排気量も400ccクラスに限らず250ccクラスの軽二輪、原付一種・二種など、大型バイク以外は全て乗ることができます。

これからバイクに乗る方で「まだ乗りたいバイクの検討がついていない」という方は、普通自動二輪車免許を取得しましょう。排気量400cc未満であればどんなバイク・スクーターでも選択が可能なので、免許取得後にゆっくり自分の趣味と経済力に合わせた車両選びができます。「お金に余裕が無いから最初は原付で」という選択もでき、その後大きなバイクに乗り換えるとしても免許を新たに取得する手間がありません。

小型限定普通自動二輪車免許

排気量が125cc以下のバイク、いわゆる原付一種・二種だけ乗ることができるのが、小型限定普通自動二輪車免許です。16歳から取得でき、教習所では普通自動二輪車免許と同じような技術と知識を身につけますが、小型車両で教習を行うため難易度は低くなります。マニュアル車とオートマ車の両方が運転可能です。

この免許は小柄な方に好まれる傾向にあります。小柄な女性が普通自動二輪車の教習を受けたものの、400ccクラスのバイクの扱いができず小型限定に移行することもあります。400ccクラスは自信が無いけれどもバイクに乗りたいという方にお勧めの免許です。日常の足として原付二種に乗りたいという方にもお勧めですが、慣れた頃に軽二輪以上のバイクに乗りたくなってしまえば、また免許を取得する手間となってしまいます。

大型自動二輪車免許

排気量を限定することなく、あらゆるバイク・スクーターに乗ることができるトップライセンスが、大型自動二輪車免許です。スーパースポーツの世界で活躍するバイクや、海外で市販されている5000ccクラスといった信じられないバイクにも乗ることができるため、取得者には大いなる責任が伴う免許とも言えるでしょう。責任について十分に理解しているライダーであれば、バイクライフを制限無く楽しむことができます。

400ccクラス以下のバイクで経験を積み大型にステップアップが基本でしたが、近年は一気に大型自動二輪車免許を取得してしまうビギナーも珍しくありません。免許取得費用と時間を大きく節約できるメリットがありますが、ライダー経験が薄い状態で大型バイクに乗ることは危険度を増してしまう恐ろしいデメリットもあります。

各種AT限定二輪車免許

オートマ車両(スクーター)のみ乗ることができるのが、AT限定二輪車免許です。普通二輪車、大型二輪車、小型限定の3つの免許にそれぞれAT限定免許が用意されています。

マニュアルバイクの複雑な操作を必要とせず、イージーライドなスクーターで十分という方はこの免許でも十分です。排気量に応じて各AT免許を選択しましょう。ただし後になってマニュアルバイクに乗りたくなってしまった場合は、再び免許を取得する手間と費用が発生します。

二輪車免許はご自分の目的や扱える範囲に応じた選択を推奨しますが、現在の目的が今後も続くとは限りません。今は小型限定やAT限定で良かったとしても、後に後悔するかもしれません。それを踏まえてあらかじめワンステップ上にチャレンジするのも良いでしょう。ただし自分の扱える範囲を超えたバイクに乗ることは危険につながりますので、その点については慎重になりましょう。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.