バイクは恋の発展アイテム

「気になるあの子と仲良くなりたいけれども、なかなか進展できません」

「告白する勇気が湧きません」

「順調に歳を重ねているのに結婚のチャンスに恵まれません」

そのような奥手な悩みを抱える方々でも、自身がライダーで、意中の相手がバイクに興味を持っていれば大チャンスです。共通の趣味でなくとも、タンデムでツーリングを楽しむことができれば、急激に恋が発展するかもしれません。

バイクによる騎士とお姫様の関係

あなたがバイクに乗られているのであれば、それを最高のアピールポイントとして活用しましょう。どちらかというと女性はバイクという世界が未知であり、貴方に興味を持つきっかけとなります。あなたのバイクの世界を彼女に話しましょう。相手にとって未知の世界の話しというのは、おとぎ話のようでワクワクするものです。

その次の段階に進むには少しだけ勇気が必要です。「良かったら後ろに乗ってみますか?」と誘ってあげましょう。「怖いかも」「危なそう」と、難色を示されるかもしれませんが、引かずに安全性を説明します。ここは少し腕がいりますが、相手への想いとバイクの知識があればそう難しくはないでしょう。

タンデムの約束にたどり着けば、恋は成就したも同じです。普通の女性であれば大人の男性に誘われて2人で出かけるなど、相手に対して信頼や好意がなければとらない行動です。命を預ける相手は彼しかいないという空間は、古の"騎士とお姫様"の関係に似ています。ライダーは彼女をバイクによって現実から非現実に連れて行く騎士なのです。タンデムを終えたとき、2人の距離は信じられないくらい縮まっていることでしょう。

バイクならではのプレゼント

意中の相手と続けてタンデムを楽しみたい場合は、彼女の気持ちを留めるプレゼント攻撃です。バイクには必需品が多々あります。ヘルメットやグローブやジャケットなど。本格的な装備を揃えれば、より遠くへ2人でタンデムを楽しむことができます。

女性ライダーはいまや珍しいものではありません。量販店では男性用品と同等に近いスペースで商品を陳列しています。女性に適したお洒落なアイテムを多々用意しており、ショッピングが大好きな女性であればまず胸をときめかせることでしょう。頭から足先まで一式を揃えるとなるとなかなかの高額になりますが、ここは男性側ががんばりましょう。物で釣るという表現はあまり良くありませんが、高額なプレゼントに感謝しない女性はいません。

宿泊ツーリングでの男女関係

交際が開始すれば宿泊ツーリングも当たり前となります。クルマによるドライブとは全く違い、バイクによるツーリングは刺激に満ちています。同じ場所を目指し同じ場所に泊まるとしても、男女の心と体の接近感が違います。心身で刺激を受けたツーリング先で迎える夜は、熱いものとなるでしょう。

ただし、ここでは情事への備えも必要です。体の密着によって男女ともに気持ちが盛り上がったとしても、男性側の下半身が調子を崩してしまったら意味があません。

実は、バイクというのはEDの原因になりやすい、という特徴を持っています。長時間のライディングはシートに接触する股間を圧迫し、血流を悪くすることで勃起不全のリスクを高めてしまうのです。過去に症状に悩まされている方は特に注意して、あらかじめバイアグラの処方を受けておくと良いでしょう。

バイクがきっかけで交際が発展して結婚という道筋は、ライダーならではの結婚活動とも言えるでしょう。結婚後も夫婦関係の継続に力を発揮するのがまた、バイクの良いところです。多くの熟年夫婦がツーリングを楽しんでいます。結婚生活に問題はつきものですが、バイクが2人の心と体をしっかり取り持ってくれていると言えるでしょう。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.