Category : バイクを楽しむ人々

町がバイクを呼んでいる!小鹿野町の取り組み

バイクの楽しみかたの一つに、「遠乗り」、すなわちツーリングがあります。海、山、高原、峠道。日帰り、泊まりとそのパターンはさまざまです。

ライダーたちが一度は行ってみたいと思う人気の場所も、全国各地に数多くあります。町ぐるみでバイク乗りたちを迎える「ウエルカムライダーズおがの」もその一つです。

小鹿野町のまちおこし

日本の地方の各町村では、都市部への人口流出による雇用の減少、高齢化、過疎化などの問題を深刻に受け止め、まちおこし、地域おこしに取り組んでいるところが数多くあります。

埼玉県の西部、秩父盆地のほぼ中央に位置する小鹿野町は、2008年度より全国で初めて「オートバイによるまちおこし」事業をスタートさせました。 当初、小鹿野町は、隣接する県へ向かうオートバイが通過するだけで、小鹿野をめざしてくる人はあまり多くなかったそうです。

わらじカツ丼がすべてのはじまり

ところがあるとき、いまではこの町の名物となっている「わらじカツ丼」をあるライダーが食べました。その巨大なカツがのったカツ丼の噂はまたたくまに口コミで広がり、噂のカツ丼を食べようとやってくるバイク乗りたちでこの町は賑わいました。

小鹿野町は、もっとたくさんのライダーに来てもらって、町の活性化につなげていこうと一念発起。「オートバイによるまちおこし事業」を2008年度にスタートさせました。

有名タレントを「小鹿野観光バイク大使」として起用、本格的なまちおこしに取り組んでいます。小鹿野の英文表記の"OGANO"をオートバイに見立てたロゴは、最初と最後の"O"の文字がちょうど前後の車輪になっています。

ツーリングの新名所

この町にある飲食店や宿泊施設やガソリンスタンドでは、「オートバイで来ました!」とひとこというと何らかの利用特典のある協賛店があります。現地の案内所やホームページ等で事前にチェックするのがよいでしょう。

先日はテレビ取材が入り、全国でも珍しい「オートバイによるまちおこし」の様子が放映されました。「ウエルカムライダーズおがの」ならではの催し物が毎年行なわれています。

これまで、ツーリングの途中で立ち寄ってゆっくりと休憩できる場所というとコンビニやファミリーレストランくらいしかありませんでした。ライダー大歓迎の町は全国でも例がありません。バイクに乗る人なら、いちどは小鹿野町に行ってみることをおすすめします。

Recommend