怠りがちなメンテナンス

気持ちのいいツーリングを楽しむためには、日頃からのメンテナンスが大切です。チェックポイントは多岐にわたりますが、しっかりと点検を行い、トラブルのないバイクライフを送りましょう。

メンテナンスがバイクを守る

バイクのメンテをしなくちゃ、と思っていても、日頃忙しかったりすると、まあ、今度でいいか、となってしまい、さて、キーを差し込んでみるとバッテリーがあがっていてエンジンがかからない。知らない間にタイヤの空気が抜けていた。ヘッドライトのランプが切れているのを忘れていた…とトラブルのもとになります。ごく初歩的なチェックですが、これも大事なことです。

チェックしたいポイント

●ゆるんでくるものには気を付ける
問題なく走れていても、バイクはいつも振動していますから、走行距離が長くなれば、それだけネジ等にゆるみが生じてきます。 クラッチ、チェーンベルト、ブレーキ。まだまだ大丈夫と思っていても、特にブレーキやチェーンベルトのゆるみは事故にもつながってしまいますから、定期的なチェックは欠かせません。

●意外と多いライト切れ
ヘッドライトは上下二つのバルブが使われています。ハイビームで使うことは少ないのですが、普段のライトは下げていますから、どうしてもロービームの消耗が早くなります。これはけっこう気づかずに乗っている人が多いようですので、意外な落とし穴かもしれません。

●グリスアップ
当然ながらバイクは機械ですから、使っていれば摩耗が生じます。放っておけば錆が浮いたり、動きが悪くなったりしますから、定期的なグリスアップはとても大切なメンテナンスになります。特に気を付けたいところとしてはチェーンまわりになります。チェーンそのものもそうですし、チェーンの前後のスプロケットと呼ばれる歯車へのグリスアップは必須です。

●キャブレターの点検
実際にはとても重要な部分でありながら、なかなか初心者には手が付けられず、バイクに乗りなれた人であってもここまでは関心が向かないのがキャブレター。キャブレターに不具合が生じれば、当然エンジンに不調をきたします。パッと見では良否を見極めるのは難しいのがやっかいな点です。自分で分解、清掃などのオーバーホールが出来れば問題はありませんが、そうでなければ、近くの整備工場で確認してもらったほうがいいでしょう。

せっかくのツーリングだったのにバイクが動かない、走行中に突然ブレーキが甘くなった、タイヤの空気圧が減ってしまった、ボルトがどこかへ飛んでいってしまった。 そんなことのないように、日頃からのメンテナンスを心掛けて楽しいバイクライフを送りましょう。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.