Category : なぜバイクに乗るのか?

お金のかかるバイクに乗る理由

バイクを移動手段としての乗り物として考えた時、多くの方が「四輪車よりも維持費が安い」というメリットをあげます。確かに購入費用をはじめ、車検や保険、整備に必要な維持費、ガソリン代を考えると、バイクの方が低コストといえます。しかし実際のバイクは、意外にもお金が必要とされ、場合によっては四輪車よりも高額な趣味となる場合もあるのです。バイクを趣味とする人は、そんなデメリットもしっかり考えなければいけません。

ライダーアイテムは費用がかかる

バイクは本体だけを購入すれば乗れるわけではありません。自らの体が外へ露出するという特徴があるので、安全装備や快適に楽しむためのアイテムを十分に揃えた上で、ようやく楽しむことができるのです。そのため、「ビギナーがバイク用品を一式揃えるには20万円は用意すべき」という考えもあるほどです。

まず大前提としてあげられるのが、ヘルメットやジャケット、グローブ、ブーツなどの、転倒や走行疲労から身を守るために必要な装備です。一流品にこだわれば、たとえばヘルメットだけでも価格は5万円を超えます。そのため、安全装備一式を揃えると20万円を超えてしまうことも十分にありえるのです。しかも、いずれも消耗品のため経年劣化や故障の度に買換えが必要となるので、ランニングコストについても考えなくてはなりません。

その他、雨天時のレインスーツや荷物を収納するためのバッグといった安全快適性を高める装備も購入が望まれます。ブランド品の信頼性ある商品を選ぶと1万円前後からそれ以上と決して安くはなく、経年劣化により定期的な買換えも必至です。

また、ライダーは人から常に見られるため、お洒落にもお金がかかります。クルーザーライダーを例とすると、財布やウォレットチェーン、アクセサリーなど、シルバー&レザーにお金を費やす傾向にあります。ジャケットも数十万のレザーに袖し、デニムもヴィンテージの高額品で自己のファッショナブル性をアピールするライダーも目立ちます。

愛車のカスタム費も大変

バイクライフは走行だけでなく、豊富なカスタムパーツを用いて愛車を自分好みに合わせた姿に変化させることも大きな楽しみとなります。ですが、過度なカスタムは多大な出費を招くため注意が必要です。

バイクのカスタムにはさまざまなものがありても幅が広いのですが、快適性を高めることを目的としたもの一般的です。ハンドルやバッグレスト、シートの工夫によりライダーとパッセンジャーの居住性を高め、またナビ等の電子アイテムを装着することでツーリング性が向上。また、車体に積載能力がない場合はサドルバッグやトップボックス、キャリアを装着する必要があります。これらのアイテムは決して安価ではなく、また取付けに必要な工賃もかかります。

快適性カスタム以外にも、性能を高めるためのチューニングや、外装パーツを変更するデコレーションなどがあります。いずれもこだわりはじめると終わりが見えないという、少し怖い一面を持っていると言えるでしょう。また、活躍の場を公道だけではなくサーキットのスポーツライディングにまで求めると、さらにさまざまな別途費用が必要となってきます。

今回はライダーアイテムとカスタムの2点についてお話しましたが、バイクは総合的に考えると、十分にお金がかかる趣味だとご理解いただけたことでしょう。理解した上でもなお「バイクに乗りたい!」という方は、バイクが本当に好きな方です。バイクに乗る理由について、改めて考える必要はないでしょう。

もちろん、お金をかけなければ楽しめない乗り物とは限りません。最低限の必要装備を用意し、維持費を払い続けても生活の負担にならない限り、バイクはあなたに人生の彩りを与えてくれます。

Recommend