Category : バイクに乗ろう

新車に乗ろう

新車購入は中古車と比べて高くつきやすいイメージがあり、バイクにおいても同じことが言えます。しかし新車ならではのメリットは当然あります。また必ずしも費用が中古車以上に高くついてしまうとも、限りません。

新車は安心満足度が高い

工場から出荷されてまだ誰の所有物ともなっていないバイクに跨ることは、ライダーの最高の満足度につながります。これから自分がバイクの走行距離を刻んで行き、時には傷をつけてしまうことうもあります。それらはライダーとバイクが共に走ってきた歴史となり、大切な思い出となります。中古車では新車以上の"それ"を味わうことはできません。

また、自分の他にはまだ誰もそのバイクを所有していないということは、メカニズムへの安心性にも影響します。中古車の場合は長年をかけて不特定多数のライダーに扱われてきたことが考えられ、買取したお店もバイクの状態を100%把握することは不可能に近いのです。よって、購入後に思わぬトラブルが起きてしまう可能性があるのです。新車であれば、中古車のようにどこかに手を加えられたり雑な扱いを受けていたかも知れないという不安が一切ありません。

車検や整備費を考えたらお得

新車は車両価格が中古車よりも高いため、乗り出しはお金が必要かもしれません。ですが3年先までの費用を考えてみると、新車の方が安く収まることもあります。まずは車検ですが、中古車の場合は期間が長くとも2年、短いと数ヶ月で終わってしまう場合もありますが、新車購入であれば3年の猶予があります。お店に車検をお願いするとなると決して安くはありません。新車であれば3年間はその大きな出費を避けることができます。

走行距離や年式が古い中古車であるほど、購入後に急な整備を必要とする可能性があります。もしそれがエンジン周りであれば高額な出費となります。新車であれば、まずそのような心配は皆無です。1ヶ月、3ヶ月、半年と定期点検すら行っていれば、整備で大きな出費をすることはまずありません。

新車購入のデメリットは?

もともと車両価格の低い軽二輪や原付クラスであれば金銭的購入メリットが高まる新車ですが、大型バイクのような高額車両の購入になるほど、新車と中古車の価格差が大きくなり、金銭的な新車メリットは薄れます。例えば新車120万円のバイクが中古60万円で買えるとなれば、購入後3年の車検や各部整備を考えても、中古購入の方が安く済みやすいでしょう。

また、新車には中古車以上の慎重な扱いが必要とされます。慣らし運転が求められ、購入後はしばらくエンジンや各部を慣らさなければいけません。この時点で無茶な運転をすることはエンジンの寿命にも関わるとされています。正しい扱いを守れれば問題はありませんが、中古車よりも慎重を要するという点では、デメリットとも言えます。

新車より中古車の方が金銭的にお得とは限りません。同じバイクを購入するとしても、どちらの方が結果的にお得になるかを考えた上で選択できれば、後悔を残すことはないでしょう。ただし、車両購入時点での出費は中古車よりも新車の方が基本的には高額となってしまいます。一括にせよローンにせよ、バイクによる出費が生活の負担にならないかをしっかりと考えた上で、新車か、あるいは初期費用を抑えるべく中古車にするかを判断しましょう。

Recommend