Category : バイクのいろいろ

海外バイクの魅力

日本の大型二輪市場は、国産バイクを抑えて海外バイクが大半を占めています。アメリカの「ハーレーダビッドソン」やドイツの「BMW」は、ベテランライダーのたどり着く先のバイクとまで言われるほどです。国産を抑えてしまうほどの海外バイクの魅力は、一体どんなものなのがあるのでしょうか。

国産には無い存在感

現代の国産バイクの歴史は、戦後復興の40年代以降にはじまっています。これに対してアメリカの「ハーレーダビッドソン」は、1903年に創業という100年以上もの歴史を誇ります。同じくドイツの「BMW」やイギリスの「トライアンフ」も100年前後の歴史があり、その長い伝統で培われた圧倒的なブランド力が海外バイクの魅力の1つであり、最大の魅力とも言えるのです。ハーレーダビッドソンが日本の街中を走り、バイクの知識など無い小さな子どもが「ハーレーだ!」と指差し興奮するという場面が決して珍しくはないということは、ブランド力の証明の1つとなっている情景です。

また海外バイクは「壊れやすい」「乗るのが難しい」「お金がかかる」といった敷居の高いイメージがあり、それが海外バイクのブランド力を高める要因となっています。実際には現在の海外バイクは壊れにくく、決して乗るのも難しくはない車両に仕上がっています。ですが高額という点では相変わらずです。今でも海外バイクの所有はお金持ちの雰囲気が感じられやすく、国産バイクの中でも突出した存在感を放つのは金銭的イメージによる影響も強いのです。

海外バイクならではの乗り味

国産バイクは日本人の体系と日本の道路事情に合わせた最良の設定が施されているため、ノーマルの状態でも非常に親しみやすい運転を楽しむことができます。一方の海外バイクの基本は、海外での走行を念頭に入れています。輸入にあたって調整は施されていますが、それでも日本人には不適応な面があります。しかしそれはデメリットでありながら、メリットとも判断できます。

アメリカの広大な直線路をひたすらに走るハーレーダビッドソンは、直線路の航続に優れたクルーザーを展開しています。カーブや交差点の多い日本では望まれないハーレーの特徴ですが、これをアメリカらしさを感じられる味として捉えることができるのです。欧州では山や悪路を走り国境を越えて旅をするマルチバーパスが人気です。国土が狭く道路が安定している日本ではハイスペックとなりがちですが、愛好者がいるのはハーレー動揺に海外の味を感じられるためです。もちろん海外モデルならではの優れた特性が日本で発揮される場面もありますが、"海外バイクらしい乗り味"を楽しめるという点の方が勝っていることでしょう。

海外バイクのデメリットは?

国産バイクと比べると、海外バイクは費用がかかります。同程度のバイクを国産か海外産かで考えた場合、まず車両価格に数十万円、時には百万円単位で異なってきます。購入後は部品代や工賃などあらゆる面で海外バイクの方が高くつくうえに、高額車両ゆえに盗難リスクも高い点も、ライダーを悩ませてしまいます。また車両特性上、身長が低くて足が届かなかったり手が届かなくて運転が困難となることも考えられます。

海外バイクは特にライダーの憧れの対象となる乗り物です。ブランド力、ならではの乗り味は十分な魅力です。ですが海外バイクは国産と比べて費用が嵩み、車両特性から乗り手を選んでしまうこともあります。金銭的、身体的に無理がないかを熟考し、国産バイク以上に慎重な選択が求められます。

Recommend