装備品の重要性

お気に入りのバイクと一緒にそろえなければならないのが装備品です。それは外見だけではなく、もしものときに身の安全を確保するものです。
バイクに乗るための装備品 | ツーリングトーク

ヘルメットはデザインとともにサイズが重要

どのタイプにも共通して言えることは、サイズと色です。頭の大きさに合ったものでないと意味がありません。大き過ぎると走行中に強い風圧を受けて脱げそうになるので危険です。色や柄はバイクと同じにすると一体感がでます。

周囲からよく目立つ派手なデザインもおすすめです。かぶっている自分には見えないので意外と気になりませんが、対向車両など周囲から目立つという安全上のメリットもあります。

種類は、お椀型、ジェット型、フルフェイスなどがあります。バイクのイメージと合ったものを選ぶのが基本です。
・お椀型
軽くて値段も安いのですが、ゴーグル併用の着用が一般的です。古くからあるタイプなので、オールドスタイルや、アメリカンのバイクに合いますが、原付バイクにもマッチします。

・ジェット型
顔面以外の頭部を保護します。ゴーグル併用かシールド(風防)を装着します。シールドは跳ね上げ式にするととても便利です。原付バイクを初めどのバイクにも合います。

・フルフェイス
頭部全体と顎の部分を保護します。両目の部分しか開いていないため視界が狭くなる印象がありますが、慣れればそうでもありません。注意点はサイズです。両側から頬が押さえつけられるほどのフィット感がきつめのものを選ぶようにします。レーサーレプリカ、ネイキッドはもちろん、原付バイクで着用しても安心感のある万能のヘルメットです。


手袋は防寒だけでなく転倒時のけがを防ぐ

バイクの必需品です。単に防寒のためのものではありません。事故の際に、路面に手をついたときの怪我を少しでも軽くするのが目的です。

夏用と冬用の2種類を用意すればオールシーズン、バイクに乗ることができます。真冬は手袋だけでは手が冷たくなるので、グリップカバーをつけて防寒対策をする人もいます。

ウェアはファッション性とともに機能を重視したい

真夏以外は、革ジャンはもっともバイクに適したウェアです。バイクファッションとしてデザインされたものではなく、肩や肘にパッドが入っているバイク用の皮ジャンをおすすめします。袖口の部分から風が入りにくいものを選ぶとライディング時に受ける空気抵抗の辛さが軽減されます。

革ジャンというと黒が定番ですが、白、青、赤などを着るのも個性的です。材質も、牛、豚、馬、羊などがあり、それぞれ特徴があります。合成皮革は数年で素材が劣化しますので、できれば天然皮革のしっかりした素材のものを手に入れましょう。

オートバイ用のものであれば、雨に強いなどのメリットがあるナイロン製のジャケットも問題ありません。

ブーツはおろそかにできない重要な装備

大型バイクに乗る場合は必須です。エンジンやマフラーの高熱部分が露出しているバイクの場合、ブーツをはかないとヤケドします。

足首部分のフィット感を大切にして、歩きやすいものを選びましょう。乗っているときだけでなく、歩くときのことも考慮します。原付バイクでブーツを履く人はあまりいませんが、サンダルなどはおすすめしません。

以上、バイクの装備品を説明しました。装備もバイクの一部と考え、軽視しないようにしましょう。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.