Category : 旅と季節を楽しむツーリング

北海道の大地を疾走しよう!

バイクツーリングを趣味にされる男性は多いですが、人気のツーリングコースを走るのは楽しいものです。そしてツーリングといえば北海道ではないでしょうか?広大な大地を走ることは、本当に気持ちが良いものです。

どうやってバイクを運ぶ?

北海道のツーリングに出かける場合、最初に気になるのが「バイクをどうやって北海道まで運ぶか?」です。バイクで北海道まで直接行ければ良いのですが、それでは相当な日数の休みが必要になります。またバイクの運転は疲れるため、北海道に到着する前に疲労困憊してしまうということもあるでしょう。

最も時間的に速いのは空輸ですが、これはあまりオススメできません。というのも、バイクを飛行機で運ぶ場合、まずエンジンタンクをバイクから外さなくてはいけません。そして専用の洗浄剤でタンクの中を洗ってもらい、その上で飛行機に乗せることになります。

したがって「どの空港から出発するか?」にもよりますが、関東からなら最低でも数十万円はかかると考えてください。よほどお金に余裕のある方を除き、オススメできる方法とは言えないでしょう。

北海道のツーリングを楽しむ方のほとんどは、バイクをフェリーで運びます。自身もフェリーに乗り込み、「夜の船で出発。朝には北海道に到着」というプランを検討してみましょう。

どこを走る?

一言で北海道といっても、北海道は非常に広い土地です。そこで北海道の中でも人気のツーリングコースをいくつか紹介していきましょう。

まず挙げられるのが「三国峠(みくにとうげ)」です。上川と十勝を結ぶラインであり、車やバイクで通れる峠としては北海道で一番高いところにあります。峠付近は高い橋が架かっており、眼下には樹海が広がっています。まさに「息をのむ景色」とはこのことでしょう。休憩所やトイレも設置されていますので、北海道ツーリングの第一候補として検討してみましょう。

続いて北海道天塩郡幌延町にある「オロロンライン」です。北海道らしい長い道路が印象的なツーリングコースですが、何と言っても一番の見どころは「風力発電機が延々と続く」という「オトンルイ風力発電所」です。

「ここは本当に日本なのか?」と思ってしまうほど非都会的な景色は、日ごろのストレスを発散するには最適と言えます。しかも周りに高い建物がないため、かなり遠くからでも風力発電機を確認することが出来ます。そして風力発電機は、間近で見ると本当に大きなものです。「へぇ~、こんなに大きいんだ」と、新しい発見をすることになるでしょう。 このあたりは所々にトイレ付きの休憩所が設置されていますので、疲れたら休息をとるようにしてください。

最後にもう1つ、網走郡美幌町にある「美幌峠」を紹介します。北海道を代表する展望台がある場所で、標高500メートル以上の峠を越すコースです。展望台には必ず立ち寄るようにしましょう。屈斜路湖、摩周岳、斜里岳などを見渡すことができ、大パノラマの景色を堪能することができます。付近には飲食店などもあるので、トイレの心配をする必要はありません。

北海道にはもっとたくさんの魅力的なコースがあるのですが、代表的な3つを紹介しました。どれも優劣をつけがたい素晴らしいコースなので、まとまった休日が取れればぜひ北海道へツーリングの旅に出かけてみましょう!

Recommend