通学に使う学生ライダー

バイクの免許は、16歳から取得できることになっています。しかし、高校に通っていて、免許は卒業するまで禁止されていることもあるでしょう。そして卒業し、やっと免許がとれるという喜びと共に進学し、通学や遠出で乗る学生ライダーがいます。

若者のバイク離れ

近年では、若者のバイク離れが進んでいるということを耳にします。かつてのバイクブームが去り、バイク不振となっていることは確かです。バイク不振につながった大きな要因としては、「三ない運動」とされています。免許を取らせない、バイクを買わせない、バイクを運転させないという3原則を徹底され、いまだにその名残が残っているようです。

さらに、規制強化や不況、趣味の多様化から若者がバイクに興味を持たなくなったことも大きい要因でしょう。 しかし、それと共にバイク業界全体での若者離れの対策、バイクの利便性などからちゃんと学生ライダーがいることも忘れてはいけません。

通学や遠出で使いたいバイク

バイクに乗れば、各段に移動距離が広がります。電車やバスなどの交通機関を使用して移動するのも良いですが、バイクは自分が思う道へ自由に進むことができるのでいろいろな場所へいくことができます。限られた学生生活の中で、バイクで遠出するというのはとても良い経験になることでしょう。

また、「満員電車に揺られ、通学するのはもううんざり…。」という方もライダーになることが多いようですね。実際、一度バイクに乗ったら電車はもう乗れないと感じる方は非常に多いです。

バイクはコミュニケーションツール

近年では、携帯やパソコンなどでコミュニケーションを簡単にとることができます。そういった環境では、メールやチャットでやり取りは完結します。いつでもどこでもできる手軽なコミュニケーションツールとして普及していますね。しかし、直接会わないことから相手の感情が読み取れず、上手く伝わらないということもあるでしょう。

そんな中、バイクは仲間との親交を深めるコミュニケーションツールとして大いに役立つことでしょう。バイクに乗るのはひとりでも楽しむことができますが、仲間を作るともっと世界が広がります。ツーリングを仲間と一緒に楽しんだり、バイクの知識をあれこれ言いながら深めたりと楽しみ方はたくさんあります。学生の間に、培った人間関係は社会人になってもずっと続くものですので、携帯やパソコンばかりではなく、バイクで外にでて仲間と親交を深めましょう。

バイクは、とても通学に便利です。また、遠出も気軽にできるようになりますし、仲間との親交も深まるきっかけになります。学生の間の夏休みなどの長期休みを利用して、仲間とツーリングをするのもとても良い経験になるでしょう。 同年代の学生ライダーだけではなく、先輩のおじさんライダーたちにご教授いただくのも良いですね。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.