盗難防止とメンテナンス

バイクを守るための大切な2項目は、盗難防止とメンテナンスです。バイクを駐車してその場を離れるときはキーを抜くのが鉄則ですが、それだけでは不十分です。ふだんのメンテナンスも忘れないようにしてください。
バイク盗難防止用品比較 愛車を守る為の盗難対策!

人気のバイクほど狙われる

新しく高価なバイクほど、転売したときの価値があります。買ったばかりの自慢のバイクが盗まれては目も当てられません。

キーの抜き忘れは厳禁です。バイク便のプロのライダーたちはズボンのベルトを通すところに伸びるキーホルダーにキーをつけています。ハンドルロックを怠るとギアをニュートラルにして簡単に移動できてしまします。タイヤロックもすれば安心でしょう。自宅ガレージや駐車場ではないところに長時間停める場合、バイクカバーで覆うことも盗難予防の効果があります。


部品やヘルメットがねらわれる

ミラーは工具なしで簡単に外すことができます。取り付け部分に緩みがないかときどきチェックしてください。ウィンカーもやられます。転倒したときに破損しやすく、同じ型のバイクから失敬する輩がいます。

また、ヘルメットをバイク側面のヘルメットホルダーにぶら下げるのは危険です。ストラップをカッターで切られて数秒で盗まれます。とくに買ったばかりのヘルメットや高価なものは、バイクを降りたときに一緒に持ち歩くしかありません。ヘルメットを収納できるスクーターや、ヘルメットトランクを搭載したバイクであればその心配はいりません。

治安の良くない場所に停めない

歓楽街に止めると泥酔者の嘔吐物や尿をかけられるケースもあります。タンクを凹まされることもあります。タンクの交換には数万円かかりますから、気分も凹みます。シートにたばこの火で穴を開けられたり、刃物で切られたりもする可能性がありますから、酔っ払いのいそうなエリアは避けて停めるべきです。

また、人通りの少ない場所にとめると、専門のバイク泥棒がトラックに積んで持っていくことがあります。彼らに狙われたら防げません。くれぐれも治安の悪い場所に停めるのは避けたほうがよいでしょう。

メンテナンス

チェーンがサビ付いて茶色くなったバイクはイタズラされやすくなります。手入れがあまりされていないバイクは部品取りの対象となってしまいます。長い間そこに放置されていたかのように見えるからです。

バイクのメンテナンスはオイル交換やタイヤ空気圧のチェックとともに、ふだんのこまめなチェックと手入れが肝心です。排気量によっては車検も忘れてはなりません。

被害にできるだけ遭わないような工夫をして、バイクを長く楽しみましょう。

なぜバイクに乗るのか?

バイクを楽しむ人々

バイクのいろいろ

バイクの装備とメンテナンス

健康改善にバイクライフ

旅と季節を楽しむツーリング

海外で免許取得

バイクに乗ろう

Copyright(c) 2013 バイクに乗って街を走ろう All Rights Reserved.