Category : バイクに乗ろう

中古車に乗ろう

中古車は新車に手が届かない人のための金銭的妥協をした選択…… とお考えの方は、考えを改めましょう。確かに金銭的メリットも中古車バイクの魅力の1つとなります。しかし新車では決して得られない購入メリットが、中古車にはあるのです。

新車よりも車体価格が安い

中古車バイクは車体価格が抑えられているため、乗り出し費用を抑えることができます。これももちろん中古車の大きなメリットです。中古車価格の決定はモデルにより異なりますが、低年式であるほど、走行距離が多いほど、また外装の状態により判断されます。またワンオーナーであるかも車体価格に大きく影響します。珍しいものだと「女性ワンオーナー!」と宣伝しているバイクもあります。これは「前のオーナーは女性だったので優しく扱っていました」という意味が込められています。男性ライダーを惹きつける売り文句でもありますが。

新車と比べて差額が大きいほどお得となり、比例して状態も悪くなるのが基本ですが、中には例外もあります。例としては、お店が在庫として抱えている期間が非常に長くなってしまい、在庫リスクを抑えたい場合、同じバイクを複数台抱えている場合は、相場を無視した低価格で販売されることがあります。もしその手のバイクが欲しい車両と合致していれば、お得な買い物となります。

現行ラインナップから消えたモデル

中古車は価格的メリットよりも、現行ラインナップから消えてしまった過去モデルを買える点の方が、大きなメリットと言えます。代表的な例をあげますと、カワサキの大人気ネイキッドであるゼファーシリーズです。随分と昔に生産終了しているシリーズモデルですが、現在でもビギナーからベテランまで根強い人気です。このように欲しいバイクが新車で買えないとなると、中古車しか選択は無いのです。またハーレーダビッドソンの旧エンジン中古車モデルのようにプレミアがつき、新車同様かそれ以上のプレミア価格がついているというケースもあります。

現行モデルは燃料供給方法として環境や燃費性、安定性を求めたフューエルインジェクションを採用していますが、今でも昔ながらのキャブレターの味わいを好むライダーは少なくありません。この場合でも新車ではキャブレター車を購入できませんから、中古車からの選択となります。

中古車購入のデメリットは?

中古車は新車のように車両状態が万全ではありません。どんなにお店の方が整備を行っていたとしても、年式相応の各部消耗は仕方ありません。また過去のライダーの扱い次第では大きな欠点を抱えていることも十分に考えられます。外装もタンクの傷やシートの破れなどが車体価格が安くなるほど目立ってきます。

購入後すぐに各部整備やタイヤ交換など消耗品を交換したら、新車を買った場合とあまり値段が変わらなくなってしまったというのも珍しくない話です。さらに車検の期間が残り短ければ、新車の3年猶予と比べると早い大出費となってしまいます。購入前に車両各部を入念にチェックして問題が無いかを確認し、車検期間も考えて本当にお得な買い物かどうかを考えましょう。

新車は金銭的に届きにくいという方の多くが選択する中古車ですが、それだけでなく現行ラインナップから消えてしまったバイクを入手できるメリットもあり、決して妥協の選択ではありません。ただし車両状態が新車ほどに万全ではないので、中古車両選びには注意しましょう。

Recommend